HOME

設計の前に

 

その土地ならではの建築の在り方を導き

柔らかな言葉で表現すること

 

建築の計画は敷地を定めることから始まります。

周辺環境をとらわれのない眼差しで見つめ、計画を自由に思い描き、そしてその先で見つけた大切なことを、誰にでも分かる言葉で表してみる。

 

建築は最終的には目に見える形となるものですが、そこで生まれた言葉こそがモノを生み出す際の背骨となり、唯ひとつのその地にある建築に、詩をもたらす役割があると思います。

 

皆様の未来の実現に向け、情熱を持って取り組んで参ります。どうぞよろしくお願いします。